ナマケモノの木登り

わたしの今の成分をあらわすと
子供のこと   60%
夫・家のこと  20%
仕事のこと   10%
その他のこと  10%
という感じだと思います。
なのでブログの内容も
おのずと子育てネタ中心になると思いますが
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
新婚旅行5日目 その2
2/9(木)

さて、海に出て、近くの岩場で魚にえさやり。
エサはクラッカー。
魚は熱帯魚みたいなきれいな魚だったのですが、とにかくすごい食欲。
クラッカーをヒュンッと投げると落下地点から直径1mくらいがザバザバザバ〜!!と波立つくらいに暴れて取り合いしてます。



わたし達と同じ様にエサをまきにくる船が次から次へと来るけど、それだけばらまかれても全然食べることができない魚もいるんだろうな〜と、自然の厳しさに想いを馳せながらその場を去りました。

さて、マングローブの森に戻り、フィッシュファームというところに立ち寄りました。
ここではエイとか、カブトガニを見せてもらいました。



エイって凶暴なんですね〜。
エサを持っただんなの手に吸い付いてました。
後で見せてもらったらしっかりと赤いアザが残ってました・・・!!
あと、マレーシアの人はカブトガニを食べるんだそうです。
「天然記念物なのに」の前に「どこに食べれる肉があるの?」という疑問が浮かんでしまった・・・。

さて、最後はバットケイブ。
洞窟の中は真っ暗ですが、渡された懐中電灯で天井を照らすとたくさんぶら下がってキィキィ鳴いてます。



不思議だったのはコウモリ一羽一羽がちゃんと一定間隔をあけてぶらさがっていたことです。
人間と一緒である程度のプライベートエリアを守りたいのかしら??

そんなこんなでマングローブツアー終了。
運ちゃんにホテルまで送ってもらいました。

遅めの昼食をとったあと、プールで泳ぎ、リーディングルームでうだうだして夜を待つ。
翌日の朝、クアラルンプールに発つことになっているのでこの日がタンジュンルー最後の夜なわけです。

最後のお楽しみはビーチバーベキュー。
これは1日3組限定でビーチにテントを張ってもらって、専属の料理人が焼いて運んできてくれる料理を夕日を眺めながらいただくというもの。
夕日、すごくきれいでした。



日が落ちたあとも暗闇の中に自分達のテーブルの灯りだけがぼうっと浮かんでるみたいでいい雰囲気。



灯りで自分達の影が砂浜に写ってたりして。↓



担当もとってもユーモアがあっていい人そう。
最高!!と言いたいところですが・・・肝心の料理が!!
かたい!
肉も魚も。
そして魚がくさい!
いい人そうな担当に「アイムベリベリフル!」とうさんくさい言い訳をして、結構残した。
わたしは基本的に出された食べ物は全部食べる!という思いがあるのですが・・・。
ごめんなさい!
こんなならもう一度レストラン・ルーで食事したかったよ〜。
でも雰囲気だけは本当に最高でした。
17:15 もろもろ comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
17:15 - - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://eco77.jugem.jp/trackback/71
<< NEW | TOP | OLD>>