ナマケモノの木登り

わたしの今の成分をあらわすと
子供のこと   60%
夫・家のこと  20%
仕事のこと   10%
その他のこと  10%
という感じだと思います。
なのでブログの内容も
おのずと子育てネタ中心になると思いますが
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
春の雪


ずっと見たくてなかなかいけなかった映画をやっと見に行くことができました。

ストーリー
大正初期の貴族社会を背景に、運命に奔ろうされる男女の悲恋を描く純愛物語。
侯爵家の息子・清顕と伯爵家の令嬢・聡子は互いに恋心を抱いていた。だが不器用な2人はすれ違い、やがて聡子は宮家の王子と婚約。ようやく彼女への深い愛に気づいた清顕は、聡子と密会を重ねる。

予告とかを観ているとお互い強く想いあっている二人に訪れる悲恋の話っていう印象が強いですけど、実際観てみたら予想外に妻夫木くん演じる清顕がかなりやっかいもののガキんちょでした。
最初のほうの嫌味なこと、この上なしです。
悲劇を招いたのも、自分が悪いんじゃん、って言いたくなる内容です。
でも、なぜか憎みきれない魅力がありました。
かなりうろうろしてるけど、方向性が定まればもう一直線って感じでした。
現実に目の前にこんな人がいたら「ガキがわがままぶっこいてんじゃねえよ!」って頭突き爆弾でもかましてやりたい気分になるんでしょうが、実のところわたし不器用な人って嫌いじゃない。
ただし、不器用なことを当たり前としてのけぞっている人は好きじゃなくて、自分なりになんとかしようともがいている人を応援したくなるっていうこと。
この映画から、また最近よくやっている三島由紀夫特集から、三島由紀夫本人がそういうところを持った人だったんじゃないかなー?って気がしました。
自分が選び抜いた1本の道しか見えていないという感じ。
難しそうだけど一度三島作品読んでみようかな〜?

役者のことを取ってもよかったなー。
主役の二人も感じでててすごくよかった。
でもやっぱりわたし、いつものごとくミッチーに釘付け。
一瞬しか出てこなかったけど、軍服似合いすぎ!
すごい高貴!
自分のこと分かってないとあんな表現はできないでしょう。
いや〜まさに天才。

美しい映画だと聞いてましたけど、それは確かに。
日本の四季ってきれいなんだな〜。
春の桜、夏の海、秋の紅葉、冬の雪。
今日も近所の紅葉がいつも以上に気になってじっくり観察してしまいました。
こういうのってなんかいいなー。
いつも心に余裕を持たないといけませんね。反省。
そして竹内結子の衣裳がとてもきれいでしたよ。
ちょっと分かりにくいけどこれ↓とか。



うわ〜ステキ、って見とれましたね。

エンディングの宇多田ヒカルも響きました。

ところで全然関係ないんですけど、春の雪の素材を探していて偶然発見しました。
「マッハ!!!!!!」の続編的映画、「七人のマッハ!!!!!」なるものが年末年始に公開されるそうです。
うおお、これは観ねば。
また観たらご報告させていただきます。
ではでは。
00:27 - comments(4) trackbacks(6)
スポンサーサイト
00:27 - - -
Comment








清でストーリー大正初期などを報告しなかったの?


posted by BlogPetのヨーゼフ | 2005/11/27 10:45 AM |
またまた、ヨーゼフったら相変わらず意味不明(笑)。

この映画、妻夫木くん好きとしては、気になっていたんですよ〜。
とりあえず、DVD発売待ちになりそうですが。

「春の雪」は三島4部作の一番最初の作品だけど、全部読むとこれがまた壮大な話で面白いですよ。
文体が硬くてとっつきにくいけど、日本語の美しさを感じるかも。
posted by kana | 2005/11/28 1:35 AM |
妻夫木くん好きならオススメシーンはなんといっても裸にサスペンダー!!
裸にサスペンダー!!!
わたし、そのシーンは画面に釘付けでした。
なぜそのサスペンダーをおろさないのか、清顕。

4部作、読みたいですけど、三島作品初心者のわたしにはちょっと苦しそうな気が。。
まずは初心者向けとして有名な「潮騒」あたりから攻めてみようかと画策中です。
posted by eco | 2005/12/01 12:40 AM |
なぬ?!ハダカにサスペンダー?
あ、鼻血が・・・
posted by kana | 2005/12/01 11:55 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://eco77.jugem.jp/trackback/58
         春の雪(2005年、東宝) http://www.harunoyuki.jp/ 監督:行定勲  原作:三島由紀夫 出演:妻夫木聡、竹内結子、高岡蒼佑、大楠道代、若尾文子、他          時は大正初期。 士族出身の成りあがりの松枝侯爵家の長男・清顕は
| ライターへの道。女32歳の挑戦。 | 2005/11/27 1:21 AM |
ケータイのない恋愛を、あなたは想像できますか。 ■監督 行定 勲■脚本 伊藤ちひろ■原作 三島由紀夫「春の雪」(豊穣の海第一巻)■キャスト 妻夫木 聡、竹内結子、高岡蒼佑、榎木孝明、岸田今日子、大楠道代、若尾文子、及川光博、田口トモロウ、石丸謙二郎、
| 京の昼寝〜♪ | 2005/11/27 1:28 AM |
映画 『 春の雪  』?? [ 試写会鑑賞 ] 2005年:日 本 【10月29日ロードショー】 監 督:行定 勲 脚 本:伊藤ちひろ 佐藤信介 製 作:富山省吾 原 作:三島由紀夫 「春の雪」  三島 由紀夫 春の雪  春の雪~清顕と
| やっぱり邦画好き… | 2005/11/27 7:46 PM |
行定監督は、長編第一作の『ひまわり』を偶然見ていて、それ以来、気になる監督の一人。 今回も、原作はよく知らないし、内容もあまり知らずに行ってみた。 ちょっと、どうかなぁ〜と思いも抱いていたのだけど、思いのほか感動して泣いて帰ってきましたよ。 <STORY>
| toe@cinematiclife | 2005/11/28 1:00 AM |
「春の雪」から五年、連作最終話を渡して、 三島由紀夫は転生への旅に出た。 「勝ち組と負け組みの二極化社会」「セレブ主義」「六本木ヒルズ族」・・・超社会主義国家といわれた日本にあって、少し「格差」が露骨にみえる現象がおきると、すぐにマスコミによってレッ
| サーカスな日々 | 2006/06/12 3:34 PM |
[:読書:]三島ワールド初体験、美しくて切ない春の雪[:桜:] 春の雪三島由紀夫 行定勲 妻夫木聡 東宝 2006-04-28売り上げランキング : 7067Amazonで詳しく見るby G-Tools いいです[:ポロリ:] 最近の日本映画ってキテますよね〜〜〜[:up:][:up:]
| ムーパラ控え室から・・・ | 2006/08/02 10:56 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>