ナマケモノの木登り

わたしの今の成分をあらわすと
子供のこと   60%
夫・家のこと  20%
仕事のこと   10%
その他のこと  10%
という感じだと思います。
なのでブログの内容も
おのずと子育てネタ中心になると思いますが
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
天使と悪魔


以前書いた「ダ・ヴィンチ・コード」の主役、ロバートラングドンシリーズの第一弾作品です。
ちなみに「ダ・ヴィンチ・コード」は第二段です。

ダン・ブラウン作品はストーリーも奥深いけど、なによりもすごく勉強になります。
そのニュースを聞けば、聞いた人全員が驚くようなことなのに、実際全然知られていないことって結構あるんだなーって思わされます。
例えば今回のテーマは科学と宗教の対立。
スイスにある、セルン(欧州原子核研究機構)という研究機関をご存知ですか?
分かりやすい説明をすると、WWW(ワールドワイドウェブ)を発明した機関です。
今回の事件のきっかけは、そのセルンに所属する科学者が反物質を作り出してしまったところから始まります。
反物質なるものを皆さんご存知でしたか?
この世には物質は2種類しかなくて、ひとつが物質(わたしたちの周りにある全てのものは物質である)、そしてもうひとつがこの反物質なのです。
そしてこの反物質は今までは地球上のみならず、銀河系にも存在しないものでした。
しかし、セルンはそれを作り出す技術を発明したんだそうです。
調べてみたら2002年のことだそうで、なんと日本の研究チームも絡んでいるんだとか。あまり詳しくは分かりませんでしたけど。
反物質は人類にとって最強のエネルギー源となるものだそうです。
公害も放射能も生み出さずにほんの数グラムで大都市に一週間分の動力を配給できるという、まさに奇跡の存在です。
ただし、この反物質は物質(もちろん空気も含めた全てのもの)と接触すると対消滅といって、光を発しながら、両者が瞬時に消えてしまうという現象が起こるのです。
つまり物質を消し去る能力を持ち、全てを消し去る破壊兵器にもなり得るということです。
しかもほんの少量で。

聖書では神が無から世界を創造したとなっています。
しかし、物理学の基本法則では、無から有をつくることは無理ということになっています。
この反物質を生み出すことはそこの論争に決着をつけることになりかねない大事件なのです。
反物質は無から有を生み出すときに同時に発生するものなのです。
逆にいえば、反物質が存在するということが無から物質をつくりだしたことの証明にもなるということです。
聖書は科学的にも正しいのか、否か。
科学はこの発明によって宗教の正しさを証明するのか、それとも宗教を否定するのか。

なんか今日は長くなっちゃってますねー。
でもおもしろそうでしょ?
こういうテーマももちろんですけど、ストーリーもすごくおもしろいですよ。
わたしは個人的に「ダ・ヴィンチ・コード」よりもおもしろかったです。
割と流れは似ていたので途中でなんとなく真相は読めちゃいましたけど、でもそれでも最後までドドドッと読みきってしまいました。
逆に今、読み終わってしまったことが残念に感じるほどです。
ロバートラングドンシリーズはもう第三弾も発売されているみたいなのでさっそく読みます。
それにしてもロバート、しぶといというか、不死身というか。
なんで生き残れてるんだろう。
歴史学者のはずなんですが、ジェームズボンドなみの体力、知力。
なんかトム・ハンクスはちょっと違うような気がしてきたな。。
だからといって他にぴったりな人も浮かびませんけど。
あ、ニコラスケイジとか?うむ〜それも違うかな?

だいぶ長くなりましたが、とにかくオススメです!
「ダ・ヴィンチ・コード」読んだときにフランスに行きたくなったの同様、今回もローマに行ってみたくなりました。
今までイタリアといえば買い物旅行というイメージが強くありましたが、いろいろ興味深いものがあって堪能できそう♪
教会とか、彫刻とか見てまわりたいですねー。
22:54 comments(3) trackbacks(2)
スポンサーサイト
22:54 - - -
Comment








TBありがとうございました。
確かにラングドン君はボンドばりの大活躍ですよね。
・・・私としては、ハリソン・フォードがもう少し若ければぴったりなのにな、と思います。
posted by ありま | 2005/09/19 11:29 PM |
コメントありがとうございます!
そうですね。
解説にあったとおり、わたしもハリソンフォードが一番近いと思います。
ただ年齢が残念なところですね。
ロバートラングドンシリーズが20年前に誕生していれば。。。残念!
posted by eco | 2005/09/19 11:36 PM |
おはよう〜。

これすっごい面白そう!

でもここのところが良くわからんのだけど。

*****************************************

反物質は無から有を生み出すときに同時に発生するものなのです。
逆にいえば、反物質が存在するということが無から物質をつくりだしたことの証明にもなるということです。

*****************************************

え?読め?う〜ん、貸して!
posted by aki | 2005/09/25 9:27 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://eco77.jugem.jp/trackback/47
ダン・ブラウン著 越前敏弥訳(角川書店) 2003年  勢いに乗って、とうとう読
| 李青堂  | 2005/09/19 11:32 PM |
数日前から、全世界で法皇を思い祈りが捧げられてきました。 ですが、現地2日午後9時37分、四半世紀に渡って世界平和の実現に情熱を注ぎ続けたカトリックの最高指導者、バチカン市国の元首、ローマ法王ヨハネ・パウロ?世が死去されました。敗血症によるショック症状と
| ...端折りっPA! | 2005/09/20 3:05 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>