ナマケモノの木登り

わたしの今の成分をあらわすと
子供のこと   60%
夫・家のこと  20%
仕事のこと   10%
その他のこと  10%
という感じだと思います。
なのでブログの内容も
おのずと子育てネタ中心になると思いますが
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ダ・ヴィンチ・コード
ちょっと間があいてしまいました。
すみません。
会社も連休に突入してダレダレの日々を過ごしております。。



この本、いわずと知れた超話題の本です。
読んでみて納得!
なんか本を読んでいるっていう感覚よりも映画を見ているという感じのスピード感がありますね。
おもしろい。

ストーリーはルーブル美術館の館長が殺害されるところから始まります。
犯人が立ち去った後、死ぬまでの間に館長は数々の暗号を残します。
館長の孫であり、暗号解読官であるソフィーはその暗号が自分に向けられていることに気付き、当日館長と会う予定のあった大学教授、ロバート・ラングドンとともに祖父のメッセージの謎を解いていくのでした。。

それで?それで??どうなるの?どういうことなの??
という感じで途中で読むのを止めたくなくなります。
やらなくてはならないことがある時に読むのは危険ですよ。

さて、このダ・ヴィンチ・コード、案の定映画化が決定したとか。
主演(ロバート)→トムハンクス
うん、うん。なるほど。感じでてる。
ソフィー→アメリの女の子(名前知らない)
う〜ん・・ちょっと違う気がするなー。
アメリの印象しか無いからいけないのかもしれないけど、ソフィーはすごく頭がよくて、神経質な女性のイメージなので、ちょっとなー。
きっと原作に合わせてフランス人の女優さんを使いたかったんだと思いますけどね。
映像化されれば、実際にルーブル美術館をはじめ、この話の中に出てくる施設が全部見れるってことですよね?
それもひとつの楽しみ。
本当は実際に生で見てみたいですけどね。
フランス、イギリスまで旅行に行ってこれらの場所を見てこようとしたらいくらかかるんだろう??
宝くじ、やっぱり買うべきだったかな?
01:26 comments(1) trackbacks(1)
スポンサーサイト
01:26 - - -
Comment








おおっ?! リニューアルされてるね!
休みに入って少し余裕が出来たかな?
オレも昨日からようやく休みに入ったので、本読むよ〜。本もDVDも溜まりまくり!

ダ・ヴィンチ・コード面白いらしいね。
ミステリーや推理小説ってあんまり読まないけどそこまでハマれそうなら悪くなさそう。

向こうの美術館、一度は行ってみたいな〜。
昔美術の時間に習ったような絵画がたくさんあるんでしょ? 生で見たらすっごい感動しそうだ。
遺跡や絵画を生で見るっていうテーマでいつか旅が出来るといいね^^。全然知らないけどさ(笑)。
posted by aki | 2005/08/11 11:38 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://eco77.jugem.jp/trackback/32
ダン・ブラウン, 越前 敏弥 ダ・ヴィンチ・コード(上) そこ、読むのが遅いといわない! しょうがないじゃん、図書館の予約はおかしいことになってるし、ハードカバー買うお金ないし。 というわけで、昨日、今日の電車の中で読み終わりました。 ホントは1
| 乱読日記 | 2006/03/17 10:11 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>