ナマケモノの木登り

わたしの今の成分をあらわすと
子供のこと   60%
夫・家のこと  20%
仕事のこと   10%
その他のこと  10%
という感じだと思います。
なのでブログの内容も
おのずと子育てネタ中心になると思いますが
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
プリティプリンセス


続けざまですが第4弾。
だんだんラブコメに飽きてきた。。
でもこれ系はこれが最後。

ストーリーは分かりやすいです。
すごくいけてなくて、学校でもみんなからバカにされている女の子。
ある日突然音信不通だった祖母が現れて「あなたは王女なのよ」と告げる。
祖母の教育で素敵な女性へと変わっていくという話。

主役の女の子、きれいだけど顔のパーツ大きすぎ。
目もすごいけど口もすごい。
日本人じゃあり得ない感じ。

わたしが憧れたのはなんといっても祖母役のジュリーアンドリュースです。



もうだいぶ年齢いってるはずですよね??
きれいっす!
すごく若く見えるとかではないけど、歳相応の美しさを持っているという感じでした。
物腰の柔らかさと、強い意志と、かわいらしさと、知性と、高貴さと。
いろいろ極端にあると思われるものを両方持っているって感じです。
こんなおばあさんになれたらいいなー。
今のままでは絶対無理ですけど。
彼女はきっと特別な存在ですね。
23:26 映画 comments(2) trackbacks(2)
スポンサーサイト
23:26 - - -
Comment








ジュリー・アンドリュース、こんなになってたんだ〜。
「サウンド・オブ・ミュージック」は子供の頃よく見たなぁ、懐かしい!
こんな風にいい感じに年を重ねられたらいいですね。
40代黒木瞳、50代吉永小百合、60代八千草薫、最終的には目指せ森光子っす!笑。
posted by kana | 2005/07/29 11:42 PM |
ecoたちが、ネットで王女を存在すればよかった?


posted by BlogPetの「ヨーゼフ」 | 2005/07/31 7:13 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://eco77.jugem.jp/trackback/29
おすすめ度(評価):★★★★  この映画は現代版シンデレラ・ストーリーである。  派手さはないものの、ほのぼのとした感じでそこそこ良かった。  物語は、アン・ハサウェイが演じる主人公の女子高生ミアが、父の急逝をきっかけに、ある日突然、初めて会ったジ
| おすすめ本と最新映画情報【書評と映画レビュー】 本検索、本通販、映画館、読書感想文、評論、批評 | 2006/02/10 4:11 PM |
 '''あらすじ'''  人前でしゃべることが大の苦手。そんな、内気なメガネの女子高生、'''ミア・サーモポリス(アン・ハサウェイ)'''が、十数年目にして初めて会った祖母、'''クラリス・レナルディ(
| EncycRopIdia 〜漫画・映画・書評・グルメなどなど | 2007/03/16 12:19 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>