ナマケモノの木登り

わたしの今の成分をあらわすと
子供のこと   60%
夫・家のこと  20%
仕事のこと   10%
その他のこと  10%
という感じだと思います。
なのでブログの内容も
おのずと子育てネタ中心になると思いますが
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
Lost In Translation


借りてるDVD第3弾。

仕事で日本にやってきた中年ハリウッドスターとフォトグラファーの夫に同行して日本にきた若妻。
2人とも同様に異国での不安と孤独により、眠れない日々をすごします。
周りとのコミュニケーションがとれない2人はお互いと過ごすときだけ心のやすらぎを感じられるようになっていく。。。という感じのお話。

最初の10分でダウン。。
ちょっと暗い映画です。
東京が舞台ですが、ちょっと日本人が勘違いされてるみたいですね。
確かに、日本は世界共通語の英語に弱く、外人に対して免疫がありません。
でも、だからこその気遣いはできるほうだと思うんですけどね。
残念ながらこの映画はその気遣いのところは全く表現されていませんでした。
でもそれはきっと仕方ないんでしょうね。
その国の人でもないのになかなか微妙なニュアンスなんて分からないですよね。

とまあ、それはおいといて。
どうにもこうにもワイルドなイメージのアメリカの人たちの中にも自分と同じようにストレスを感じやすかったり、寂しがりだったりする人もいるんだなーってちょっと安心しました。

あと、映像がすごくきれいでした。
確か監督ソフィアコッポラはカメラマンの肩書きも持ってたと思うのですが、それってすごく納得!
映像の中の家具の配置とか、シーツのしわとか、ホテルの窓からの景色でさえ全部計算されてそこにあるような感じがします。
芸術的なものが好きな人はきっといいと思いますよ。

ネタバレは絶対にしたくないわたしなので詳しくは書けませんが、最後の聞こえないセリフがすごく気になる!
なんかそこのところでいまだに気持ちを引きずられています。
23:08 映画 comments(2) trackbacks(1)
スポンサーサイト
23:08 - - -
Comment








わ、若妻・・・。

ナイス語感。
この記事のなかで一番ググっときた(爆)。
posted by aki | 2005/07/30 1:13 PM |
ググッ??
おやじじゃん。
posted by eco | 2005/07/31 3:56 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://eco77.jugem.jp/trackback/28
いや〜、いやいや、ダメだこりゃ。理解不能。 っていきなりダメ出ししちゃいますけど、それだけ苦手ジャンルですわ、こういうの。 仕事で来日した落ち目ハリウッドスター(元ゴーストバスターズ!)と、カメラマンのダンナにくっついて来日したものの、孤独で退屈な日
| BLACK & WHITE | 2005/09/15 11:07 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>