ナマケモノの木登り

わたしの今の成分をあらわすと
子供のこと   60%
夫・家のこと  20%
仕事のこと   10%
その他のこと  10%
という感じだと思います。
なのでブログの内容も
おのずと子育てネタ中心になると思いますが
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
GOEMON



先週金曜日夫とわたしの平日休暇が重なったので久々に映画を観にいってきました。
紀里谷監督第2弾作品です。
前回のCASSHERNは賛否両論というか、結構酷評されていました(わたしは好きだった)が
今回はわりといいウワサばかり聞こえてきます。

観て大納得。
ストーリーもちゃんとしっかりしてるし、大迫力で引き込まれます。
フィクションなのに、もしかしたらそんな事実があったとしても不思議じゃないよね〜
なんてことも少し思わされたりして。
ひとつのことを多角的に考えるということは大切なんだな〜と
改めて考えさせられました。
出演者全員の立場が理解できました。

CASSHERNはすごくいいテーマだったと思うのですが、
ちょっと伝わりにくいというか、分かりにくかったんだと思います。
なにを隠そう、わたしは映画館で3回観ましたが、
観れば観るほど分かることがあって、
3回目のエンディングではぼろ泣きでした
今回はそういうことがなく、とにかく分かりやすい。
そして素晴らしいところは残しつつ、という感じです。

前回からくらべるとものすごい成長率だと思います。
今回は自信をもってひとに薦めることができます。
そしてこうなってくると3作目も今から楽しみです。
今度はどういう作品がでてくるのか?

CASSHERNではミッチーの美しさにやられたわたしですが、
今回は江口洋介と大沢たかおがとても魅力的でした。
あと同姓ながらに広末涼子はなんでこんなにきれいなんだと思いました。
わたしと同じように子供がいるなんて……。

もう1回観たい!
14:20 映画 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
14:20 - - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://eco77.jugem.jp/trackback/102
<< NEW | TOP | OLD>>