ナマケモノの木登り

わたしの今の成分をあらわすと
子供のこと   60%
夫・家のこと  20%
仕事のこと   10%
その他のこと  10%
という感じだと思います。
なのでブログの内容も
おのずと子育てネタ中心になると思いますが
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
愛・地球博 閉幕
いや〜。。。
ついに終わってしまいました。
フリーパスを買ったものの、なかなか行くことができませんでした。
結局5回くらいかな?
今更ながら残念!



モリッコロも森へ帰りました。(←公式発表)
寂しいですが大成功の結果で閉幕したことは本当によかったですね♪

ところでわたしの伯母はお祭り大好きなタチで、もちろんこの万博も喜び勇んで3回行ったそうです。
買い物も大好きな伯母は外国館を駆け巡り、象の木彫りやアフリカの花瓶(壺か?)、でっかい石(宝石ではない)がゴロゴロついた派手なアクセサリー、そして各地の食材もたくさん買い占めてきました。
そして帰ってきてひとこと。
「これだけ日本円を世界の国々に払ってきたんだからちょっとは世界平和に役立つよねー」
おぉ、目からウロコ・・。
欲しいから買ってきただけっていう気持ちが90%なのはわかってますし、実際世界平和に役立っているかどうかは怪しいですが、案ずるより生むが易しでいつも頭で考えるより口や体が先に動いてしまう伯母が言うからちょっと考えさせられるものがあります。
国連館を見学して、国連の成り立ちなどを教えてもらって、なんだかいいことした気分になってるだけではダメなんですね。
国連グッズ買っとくべきだったかな?
ところで伯母と母はあのでかい花瓶をどうやって持って帰ってきたのか??

さあ、話を戻します。
いざ閉幕となると悲しくなってついついモリゾーのぬいぐるみの小さいのを買ってしまいました。
ちなみにキッコロは完全に売り切れてました。
キッコロはモリゾーを置いて先に森に帰ってしまったのか。。。
みんなだんだん慣れてきたとはいってもまだまだモリゾーを怖いと思っていたのか?
わたしは最初からモリゾー擁護派です!

最終日に行く勇気も体力もなかったわたしはラジオで閉幕の状況を聞いていましたが改めてジワーッと実感がこみ上げてきました。
皆さんもこの気持ち共有しませんか?
「最後の1日」っていうところをクリックしてください。↓

万博最後の1日

やっぱりイベントっていいね。
大勢の人の気持ちが動くってすごいことだ。
万博バンザイ!
スタッフの皆さん、混んでても頑張って通ったお客さん、そしてモリッコロ、本当にお疲れさまでした!
23:10 ニュース comments(2) trackbacks(0)
ワニの追跡調査
ニュージーランドのマッセイ大学のチームがオーストラリアでワニの生態研究を行っているそうです。
体長4.2メートル(でかっ!)の雄のワニの背中に発信機を取り付けて、人工衛星を使って追跡調査しているんだとか。↓



なんかてんとう虫みたいに見えますけど。。
ワニとてんとう虫(勝手に確定)がなんか不釣合いでいい感じです。(^〜^)

この記事によると、ワニは1971年ごろ5000匹まで減少したそうですが、今では7万匹にまで増加しているそうです。
怖いですねぇ〜。
ワニってまず見た目が怖すぎます。
同じ肉食でもライオンは「兄貴、かっこいいっす!」って感じだけど、ワニは「ひえ〜!出た〜〜!!」って感じがします。
プロの殺し屋(ライオン)とジェイソン(ワニ)って感じでしょうか?
ただ単にライオンが哺乳類だから親近感があるのかな?



小さいころ旅行でワニ園に行きましたが、水辺で群がっているワニ達を見ただけで、食いつかれるわが身を想像して号泣してました。
実際、オーストラリアでは過去20年の間に、ワニに襲われて死亡した人が10人いるんだとか。
うう、安全な日本に生まれてよかった。。
23:38 ニュース comments(0) trackbacks(0)
ヤモリのマタジロー
沖縄で尻尾が二股に分かれたヤモリが見つかったそうです。



うおお。。き、気持ち悪い〜。
見つけた人達も最初は気持ち悪がったそうですが、すぐに見慣れて酒の肴に鑑賞しているそうです。
たくましいですねぇ。
そんでもって二股に分かれているところから「マタジロー」ってネーミングセンスがちょっといい。

ところでわたしはいまだにヤモリとイモリの違いが分かりませんが。。
23:53 ニュース comments(3) trackbacks(0)
リアルサイボーグ
アメリカ・シカゴにて最先端の義手が開発されたそうです。
聞けば聞くほど驚く内容です。



リアルサイボーグとなったジース・サリヴァン氏(54)は以前電線に触れて大やけどを負い、両腕を失ったそうです。
で、今回彼につけられたのは本物の腕と同じように思考するだけで動かすことのできる義手!映画みたい。
担当医師の発言:「例えばジース氏が腕を曲げようと思考するとします。すると発せられたパルスはトランスミッターに拾われ、彼の腕へと信号が送られます。そして彼が考えた通りに、腕は動くわけです。」
要するにこの義手を胸の神経とつなぎ合わせると脳からの指令を感知して動く仕組みのようです。
さらにこの腕、360度の回転が可能なうえ、指の中には小さなチップが埋め込まれていてそれを通じて温度や触覚を感じることもできるそうな。
思考してから腕が動くまでには数秒かかるそうですが、それにしたってすごい。開発が進んでいけばたくさんの人たちの人生を変えることになるでしょう。
ただ、この義手のお値段・・・腕一本あたり6億5000万円程度とのこと。まあ、仕方ないですね。最先端技術ですから。この開発がいつか一般的な治療になり得る事をを願います。
09:59 ニュース comments(7) trackbacks(0)
| 1/1 |